ハンドメイドで長年お仕事を続けてきた吉原かずこさんをご紹介します




四国ドリームビズ「四国の起業びとシリーズ」
彩ビーズ&ニットカフェ 吉原かず子さん

子どもとともに成長した…

吉原さんは独身時代、編み物教室からスタート。瓦町で教室を開催されていました。そのころ英会話スクールをされているご主人と出会い、ご結婚。1年4ヶ月後にお子さまがお生まれになり、それからはさまざまなハードル乗り越えながら教室を続けてきたそうです。

そのお子さまが小学6年生になった今年、首都圏で流行の「ビーズ&ニットカフェ」を高松市桜町にオープン(4月3日)。

「子どもがいないときは、視野がせまかったなぁ〜と思います。子どもをもつと、いろんな人の立場がわかってきました。それに寛容になれました。」


おかあさんが子どもに何かつくってあげる

今、吉原さんはあらためて「おかあさんが子どもに何かつくる」ことの大切さを見直してほしいと感じています。

「子どものためにおかあさん自身が何かつくる。(子どもが喜んでくれる、使ってくれる…あたたかさを感じてくれる…)ハンドメイドのよさを実感してほしい。これは母親としての醍醐味かな?」

また若い人にもっとハンドメイドのよさを知ってほしいそうです。お金をかけ買い物をするだけでなく、自分でつくり出す楽しさを少しでも多くの人に知ってほしいとのこと。


ご無理をお願いして…

吉原さんには、今度四国ドリームビズがコーディネートさせていただく善通寺商工会議所主催<<女性のための創業塾>>にて9/18、「先輩起業家からの応援メッセージ」に一緒に出ていただくことになりました(ご無理をお願いしてしまったのです)。

「子育て・子どもを大切にしながら仕事をしていく」というのは、親にとってはずせない大事なことですよね。四国ドリームビズは「子育てをおろそかにしない起業」をおすすめしています。だからこそ今回吉原さんにお話していただきたいと思いました。


若い人たちに伝えていきたい

さて、ニット&ビーズカフェ彩には吉原さんの一番弟子「あちゃよさん」 がいらっしゃいます。目標は「おかま先生に勝つこと」という26歳。

なるほど、すでに吉原さんの思うハンドメイドの良さ、若い人にしっかり伝わっているようですね。

ビーズ、ニット、カラー(スクールのご案内)

※スクールは随時受付しています。
 すこし場所がわかりにくいので、かならず確認してください。
 (電話で予約されることをおすすめします)

◆ビーズ、編み物、AFT色彩検定対応の各種講座があります。
 (お得なカルチャー券、1回1800円、5回7500円もございます)
◆レッスン時間
 10:00〜12:30、13:30〜16:00、【木】18:30〜21:00

参照サイト

http://www.geocities.jp/yoshiharascs/
http://plaza.rakuten.co.jp/saicafe/

以上


 

yshiwara kazuko
吉原 かず子さん
彩ビーズ&ニットカフェ代表
香川県在住

略歴
◎講談社主催全国高等学校編物コンクールでグランプリ高松宮妃賞受賞…以降ブラザー及びシルバー、編物友の会などのコンクールに入選
◎編物教室を開設
◎文部省認定編物技能検定審査員
◎秦万紀子、砂丘子デザイン教室師範資格及びカラーリスト資格取得
◎1991  K.D.C.COLLECTION「棚機」に出品(大阪)
◎1993  彩クリエイティブスクール開設
◎1998  秦砂丘子Collar seminarに参加
◎2003/5 ビーズスキル認定教室
◎2004/5 純銀クロッシェ認定教室
◎2005/1 Viewに作品掲載
◎2005/4 文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会ビーズステッチ本部講師および認定校に
◎2005/5 Flower art collection_Blue blueに出品、入選
◎2006/4 ビーズ&ニットカフェ「彩」オープン
◎現在、文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会
 ビーズ・純銀クロッシェ・ビーズカラーコーディネイトのインストラクターとして講座主催